【2022年】副業コンサル案件獲得サイト7選!

副業・複業

近年、企業に対して中長期的ではなく単発でコンサルティングを行うスポットコンサルサービスや、顧問紹介サービスが増えています。

スポットコンサルサービスや顧問紹介サービスは、経営課題の解決を図りたい企業と、これまでの知識や人脈を活かしてアドバイスができるコンサルや顧問希望者をマッチングします。

こちらの記事では、スポットコンサルサービスや顧問紹介サービスの副業コンサル案件の特徴や、おすすめのサービスを紹介します。

目次

副業でもできるコンサル案件の種類

コンサルティングというと、高度な知識やスキル、クライアントとの深い関わりが求められ、「副業で行うのは難しいのでは」と思われる人も多いと思います。しかし、最近ではスポットコンサルサービスや顧問紹介サービスなどにより、ちょっとした知識や経験であっても、それを必要とする企業に、短時間のコンサルティングとして提供ができるようになりました。

まず、副業でのコンサルティングを可能にする代表的なサービスとして、スポットコンサルサービスと顧問紹介サービスについて説明します。

スポットコンサルサービス

スポットコンサルサービスとは、専門家やコンサルタントとして登録したユーザーが、クライアントから依頼・相談を受けて、1回単位のスポット型でコンサルティングを行うサービスです。

コンサルとはいうものの、業界の専門家としてのインタビュー依頼のような案件が多く、業界の知識さえあれば、コンサルタントとしての経験がなくとも対応が可能な案件が多くなっています。

顧問紹介サービス

顧問とは経営や事業に関するアドバイスを行う役割で、大企業でよく見られる役割です。取締役が顧問となり経営に関わるケースもあれば、社外の弁護士などが顧問弁護士として法律上のアドバイスをするケースもあります。

この記事では、経営や営業などの経験をもつ外部の専門家人材と、専門家人材を顧問として登用したい企業をマッチングするサービスを紹介します。

副業コンサル案件の特徴

スポットコンサルサービスや顧問紹介サービスを用いることで、副業でもコンサルタントや顧問としての活動をしやすくなっていると言えます。以下ではより具体的に副業でのコンサル案件の特徴をみていきます。

短時間での価値提供が可能

企業が抱える課題を解決に導くコンサルティングファームなどが提供するコンサルティングの場合、現状分析のための入念なリサーチから、説得力のある解決策の提案、場合によってはその実行まで一貫して提供するため、プロジェクトの開始から完了までには一定の時間を要します。

一方、前述のスポットコンサルサービスや顧問紹介サービスなどの場合は、短期間・短時間のコンサルティング案件が中心です。これらのサービスでは、例えば以下のような形式で短時間、短期間でのコンサルティングが可能です。

・1時間程度の1回だけのインタビュー
・週1回、数時間程度のミーティング

企業側としても以下のようなニーズがあります。

・コンサルタントやコンサルティングファームに高額な費用は払えないが、少しだけでも専門家の意見を聞きたい
・実行部分は自分達で行うのでアドバイザー、壁打ち相手として少しだけ付き合ってもらいたい

これらのニーズによって、短時間・短期間での副業コンサルのサービスが成り立っていると言えます。

比較的場所や時間の融通が利く

スポットコンサルサービスや顧問紹介サービスの案件は、オンライン・リモートで対応できることが多いです。そのため、ネット環境さえ整っていれば自宅からも対応可能で、勤務場所の制約を受けにくい業務といえます。

副業をするうえで、場所の制約がないのはメリットです。案件にもよりますが、本業の退勤後に平日の夜だけ、または土日だけ自宅で作業することも可能です。

ちょっとした知識や経験が価値になりうる

コンサルティング業務は専門性の高い案件が多いイメージがあるかもしれません。しかし、スポットコンサルの場合、業界や業務に関する深い知識や経験があり、それをわかりやすく説明することができれば、それがクライアント企業の課題解決につながる価値のある情報となりえます。

さらにいえば、業務に関する知識や経験だけでなく、自身の趣味がコンサルタント業務につながることもあります。例えば、海外ドラマを見るのが趣味で、複数の配信サービスで大量の海外ドラマを日々見ているという人の知識が、新規動画配信サービスを検討している企業の企画に役立つこともあるかもしれません。

副業コンサルの業務の例

では、具体的に副業で行うことができるコンサル案件には、どのようなものがあるのか代表的な例をいくつか紹介します。

業界の専門家インタビュー

スポットコンサルサービスで多い案件として、特定の業界についての構造や習慣、業界課題についてのインタビュー案件があります。インタビュー案件は、コンサルティングの経験などは不要で、その領域の知識や経験があれば対応できるため、副業として取り組みやすいものと言えます。

経営顧問

経営顧問としてアドバイスを行うには、自身の企業経営の経験や、経営コンサルタント経験など一定の経験や知識が求められます。専門家インタビューと比べるとハードルは高いですが、稼働量については必ずしも多くないため副業としての参画も可能です。

営業顧問

営業経験が豊富な人であれば、営業顧問での副業も考えられます。役割は一般的な営業手法や体制、評価体系などについてのアドバイスに加え、特定の大企業にアプローチするためのアドバイス、場合によっては人脈を用いた新規開拓を求められるケースもあります。

副業コンサルを始める前に確認しておくこと

現在は、副業でコンサルとして活躍するためのサービスが多様化しており、本業以外でもコンサル業務を担いやすくなっています。しかし、副業としてコンサル業務を始める前に、あらかじめ確認しておくことがあります。

本業の就業規則

副業を始める前に、本業の会社の就業規則を確認しておきましょう。他社での副業禁止や退職後の数年間は同業他社への就業不可など、場合によっては厳戒な規則がありますので注意してください。

コンサル業務を副業として行う場合、スキルや情報の流出リスクがあるため、副業の内容が就業規則に抵触しないか確認は必須です。

副業が本業の競合になっていないか

副業が本業と競合していないか、利益相反になっていないか確認しておきましょう。認識していなくとも、実は副業のクライアントが本業と競合するサービスを提供していたということもあります。副業を考える場合、クライアントについてしっかり調査した上で契約を結ぶようにしましょう。

職務経歴書に書けるスキルや実績の洗い出し

就職活動・転職活動で職務経歴書を作成したことのある人もいるでしょう。副業でコンサル業務を始めるときにも、職務経歴書を作成しておくと案件の獲得がスムーズに進められます。自身のスキルや実績をわかりやすくまとめた経歴書があれば、クライアントとしても仕事の依頼がしやすくなります。

一方で、自身の経歴についてどこまでの内容を公開して良いのかという点は注意しましょう。案件の獲得を急ぐあまりに、公開してはいけない情報を職務経歴書に掲載してしまわないよう注意が必要です。

おすすめの案件獲得サイト7選!

最後におすすめの案件獲得サイトを紹介します。コンサル関連の副業に特化したマッチングサービスから、エンジニアやデザイナーなどのスキルを売買しているクラウドソーシングタイプのサイトまで、おすすめのサービスを一覧にしました。

ビザスク

ビザスクとは、株式会社ビザスクが運営するフリーコンサルのマッチングサイトであり、国内でも屈指のプラットフォームとして、月間で2,000件もの案件を扱っています。

信頼性の高い情報を、ビジネスにおける意思決定の判断材料として活用できるため、案件あたり2万円からと業界内でも高めの単価設定になっています。

1時間というスキマ時間でスポットコンサルができるのが魅力です。スキルや経験を活かせる案件も多く、また氏名非公開で案件応募ができるのもポイント。

QEEE

QEEEはINTLOOP株式会社が運営するスポットコンサル、ドキュメント、ソリューションマガジンなど、ビジネスの総合ポータルサイトです。

スポットコンサルのプラットフォームでは、スキルのある専門家と課題を抱えている企業を結びつけています。コンサルタントは「アドバイザー」として、1時間からクライアントの課題の相談を受けます。

スポットコンサルがメインのため、空き時間を使って副収入とスキルが得られます。長期的なコンサルティング案件もあり、よりコミット度の高い案件への参画も目指せます。

GLG

GLGは、アメリカに本社を置く世界最大のインサイト・ネットワークです。ビジネスの重要決定を行うプロフェッショナルとアドバイザーをつなぐサービスで、国内外で約100万人のアドバイザーが登録しています。

1時間単位のスポットコンサルとしての活動だけでなく、B2B調査への参加や企業のプロジェクトのリードなどの案件もあります。

GLGは海外サービスのため、日本企業からだけでなく海外企業から日本市場についての知見を求められる案件もあります。英語力に自信がある人にはおすすめです。

Time Ticket

Time Ticketは、株式会社タイムチケットが運営している、個人の時間やスキルをチケットにして売買するサービスです。チケットは、会員登録後にタイトルと時間、価格を決めれば無料で発行できます。

ジャンルは、ビジネスコンサルだけでなく、デザインや写真撮影、雑談など幅広い案件を扱っており、ビジネスのプロでなくてもスポットコンサル型の副業をすることができます。

HiPro Biz (旧:i-common)

HiPro Bizは、転職サービスなどを展開するパーソルキャリア株式会社が運営している経営支援サービスです。経営課題の解決に取り組む企業に、上級役職者やテクノロジーに精通した専門家をアドバイザーとして提案するサービスです。

案件の相談、企業との面談、業務開始後のサポートもあり、個人事業主として独立するための支援も行っているので、コンサル経験を積み、将来的に個人事業主として活動の幅を広げたい人にも向いています。

顧問名鑑

顧問名鑑は、株式会社顧問名鑑が運営する、上場企業役員や部長OBによる事業拡大支援サービスです。上場企業の中核を担ってきた24,000名以上の取締役・部長経験者が、中堅企業やベンチャー企業支援をしています。

経営全般に関する助言や、新規取引先の開拓、営業体制強化などの依頼が多く、ホームページ上で顧問募集中の案件の一部を見ることができます。企業側は、顧問に期待する人脈や知見・ノウハウなどで候補者を検索できます。

取締役・部長経験があり、人脈や知見を活かして顧問や社外取締役としての副業を希望する人におすすめのサービスです。

KENJINS

KENJINSは、プライドワークス株式会社が運営する顧問契約マッチングサイトです。独自開発のクラウドシステムを使い、求人サイトのような感覚で顧問の募集ができます。

企業からの顧問報酬はすべて顧問に支払われます。得意とする分野は、営業支援、海外進出、新規事業といった人脈ネットワークを使った支援を得意としているサービスです。

上場企業の取締役や部長経験者で、月1~4回程度の訪問支援を考えている人におすすめです。

まとめ

副業コンサルの特徴やメリット、案件を獲得するための方法、おすすめのサービスなどを紹介しました。副業としてのコンサル業務には、必ずしも高い専門性が必要ではありません。スポットコンサルとしてスキマ時間で自身の経験を活かすこともできます。

しかし、副業を始める前にはいくつか注意しておくべきこともあります。本業との調整や自身に向いているサービスの選択などを行い、余計なトラブルが生まれないように気を付けて、自身の副収入やスキルアップにつなげていきましょう。

フリーランス・副業マッチングサービスAnycrew

Anycrewなら見つかる
フリーランス・副業案件

Anycrewは、Facebookのつながりや、Anycrew上の仕事仲間のつながりを参考に、 仕事の依頼先を選ぶフリーランス・副業マッチングサービスです。 面接や職務経歴書よりも、あなたの本当の実力が伝わりやすくなります。

詳細はこちら

ページのトップに戻る
LINEで未公開の副業案件を受け取る