フリーランス・副業2021.12.03

SHARE

フリーランスの営業代行におすすめの案件獲得サイト5選!

フリーランスの営業代行におすすめの案件獲得サイト5選

営業のスキルを活かしてフリーランスで活躍したいと考えているなら、まずは案件獲得の手段を確立することが重要です。

営業というと自社の営業組織で行う、あるいは、外注するとしても営業代行の企業に依頼をするイメージが強いですが、フリーランスでもしっかりとした実力があり、案件獲得の手法を心得ていれば案件獲得のチャンスがあります。

記事を最後までお読みいただければ、フリーランスの営業代行として案件を獲得し、収入を得るための筋道が見えてくるはずです。

目次

フリーランス営業代行の働き方

フリーランス営業代行の働き方は、組織に属する営業職とどのように違うのでしょうか。

まずは組織の営業職との違いを理解しましょう。

自身のリソースを活かした柔軟な営業活動

会社組織の営業職は、会社の方針により決められた営業スタイルにて営業活動を行いますが、フリーランスの営業代行はスタイルの制約が少ないことが多く、過程よりも成果を重視される傾向にあります。

今まで築き上げた業界内の人脈や知識、営業チャネルなど自身がもつあらゆるリソースを駆使して、顧客と接触し、成果を目指します。また、柔軟性やスピードといったフリーランスならではの強みを活かすことも重要です。

人脈を活かした新規開拓

新規開拓は営業の仕事の中でもっとも大変な業務ですが、それだけに新規開拓による顧客の獲得能力は価値の高いスキルとされています。

何もないところから、電話やDMを使って新規顧客を探すのは大変なうえに非効率ですが、既存の人脈をうまく活用することができれば、効率のよい新規獲得も可能です。 フリーランスの営業代行として仕事を獲得するときは、人脈の有無が大きなアピールポイントとなります。

自身の人脈を活かせる案件に応募し、面談などではその人脈を積極的にアピールしましょう。

企業からみるフリーランス営業代行のメリット

一般的な営業代行のメリット

営業代行はクライアントの商品やサービスをクライアントに代わって販売するサービスです。業務の内容は主に、商談の獲得や契約の締結といった販売に直結する部分になりますが、営業戦略のコンサルティングや、営業事務などをカバーするサービスもあります。

企業から見た営業代行の主なメリットは以下のとおりです。

  • 1.スポットで依頼できるので流動的なニーズに対応できる
  • 2.採用に比べて戦力化のスピードが速い
  • 3.リスクを抑えた報酬体系が可能

正社員を採用してしまうと、基本的にはその社員に対して固定給を払い続ける必要があるため、景気変動など外部環境の変化で営業活動の必要性が下がってもコストが発生し続けます。また、特に新卒採用や未経験者の採用などでは、戦力化までに一定の期間がかかるうえに、仮に成果が出なかったとしても一定の給与を払い続けなくてはなりません。

営業代行を活用することでこういった問題が解決できます。

営業代行企業に発注をするデメリットや注意点

一方で、営業代行の企業に営業活動を依頼するデメリットや注意すべき点もあります。具体的には以下のような点が挙げられます。

  • 1.最低発注金額などが定められている場合がある
  • 2.担当者を必ずしも指名できない(クオリティが安定しない)
  • 3.営業ノウハウが社内に蓄積しない

こういった点を把握しておくことは、フリーランスの営業代行にとって重要です。なぜならば、営業代行企業ではかゆいところに手が届かないというシーンにおいて、フリーランスの営業代行が価値を発揮できる可能性があるからです。

フリーランス営業代行のメリット

フリーランスの営業代行を活用するメリットは、上述のような営業代行企業のデメリットを解決できるという点です。つまり、

  • 1.少額からの対応も可能
  • 2.基本的には本人が営業を行うためクオリティが安定している
  • 3.社員に近い働き方をしてもらうことで内製化につなげられる

これらを意識することで、フリーランスでも営業代行案件を獲得しやすくなるでしょう。

営業代行の主なサービス内容

次に、フリーランスの営業代行として請け負う仕事の種類を確認しておきましょう。

製品やサービスの販売

繰り返しになりますが、営業代行の基本的な業務は、クライアントから依頼を受けた製品やサービスを販売することです。 ただし、企業によってそのプロセスが異なるため、それに合わせて役割も異なってきます。営業先の開拓から契約の締結まで一気通貫で依頼をされることもありますが、「電話によるアポイントの獲得」「対面での商談による契約締結」など営業プロセスの一部のみを委託されるケースも少なくありません。

営業コンサル

企業の中には「営業人員はいるが、営業ノウハウやスキルがないので、教えてほしい」というケースもあります。そのため、自身で営業活動をするのではなく、仕組みづくりやノウハウの提供を生業とすることも可能です。

ケースバイケースですが、営業コンサル系の案件は通常の営業代行の案件よりも、効率的に報酬を得られる傾向にあるので、こういった案件も獲得できるよう、自身の持つノウハウを体系的に整理しておくと良いでしょう。

営業代行の需要がある業界

多岐にわたる業界で、フリーランスの営業代行にはニーズがありますが、需要が多い業界として以下のような業界が挙げられます、

人材業界

人材派遣など、企業へ人を紹介する業界は景気の影響を受けやすく、正社員を常時雇用すると、人件費のコストコントロールがしにくくなってしまいます。 景気の変動、企業の動向を見ながら、流動的に営業活動を行いたい人材業界は営業代行のニーズが強いと考えられます。

IT業界

DXの流れもあり、ここ数年はIT業界の中でもSaaS企業の成長が著しく、営業人員の採用が追い付いていない状況が散見されます。 また、特にSaaS企業では、インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスといった分業型の営業体制が敷かれることが多く、その一部を切り出して外部に委託しやすい状況になっています。このような背景から今後もIT、特にSaaS企業の営業代行案件は増えてくる可能性があります。

フリーランスの営業代行に必要な能力

実際にフリーランスの営業代行として成果を上げるためには、営業スキルに加えて、自己管理能力も必要となります。

ここで、フリーランスの営業代行に求められる能力として重要なものを振り返っておきましょう。

時間管理能力

自己管理の中でも、時間の管理は特に重要です。 立て続けにアポイントが入る営業マンには、時間を管理する能力が必要ですが、フリーランスの営業代行の場合は、複数の案件を同時進行するケースがあるため、より無駄のない時間の使い方が求められます。 1日の限られた時間を最大限に効率よく使うことができれば、収入を上げることが可能です。

人脈の維持と開拓

フリーランスの営業代行に依頼する企業や個人は、営業が持っている人脈に期待して依頼することも多々あります。 とはいえ、人脈はすぐに作ることができるものではないので、すでに親交がある人と定期的に顔を合わせたり、新しい人脈につながるような交流の場に参加するなど地道な活動が必要になります。自身が特化していきたい業界などが定まっているようでしたら、その業界のイベントに参加するなどで効率的に人脈を作ることもできるでしょう。

お金や契約などの管理能力

大きい組織に従属していると業務の管理や金銭面の対応は担当部署の方が行ってくれますが、フリーランスはすべてが自己責任。お金や契約の管理も自分で行う必要があります。

フリーランスの営業代行においてはキャッシュアウトが発生するような原価はないかもしれませんが、自分自身の稼働時間が原価だと考えて、しっかりと管理をしていきましょう。ともすると、時間ばかりかかって報酬が割に合わない赤字の案件を抱えることもあり得ます。 また、営業代行は目に見える納品物がなく、得てして請け負う業務範囲が曖昧になりがちなので、事前に契約書を作成し、対応範囲を明確にしておきましょう。

フリーランスの営業代行の報酬体系

フリーランスの営業代行が活躍できる場所や求められる能力について理解したところで、報酬体系を見ていきましょう。

成果報酬

成果報酬型は成果に対して報酬が支払われるシステムで、成果がないと報酬はゼロになってしまいます。

商材にもよりますが、まとまった売上があがった時の報酬は大きくなりますので、営業スキルに自信がある方やその領域での販売経験や、人脈があり成果をあげる見込みがある方にはおすすめの報酬体系となるでしょう。

また、企業側から見ても固定の費用がかからないため、稼働状況を厳しく見られることもなく、柔軟に自分のペースで進められる案件が多いのもこの報酬体系の魅力です。逆に、何もしていなくても、咎められることがないため、自然消滅的なことも起こりうるので注意が必要です。

月額固定報酬

固定報酬型は、成果の有無に関わらず決められた月額報酬を支払うシステムです。

営業の案件クロージング部分だけでなく、営業周りの事務的な作業やコンサルティングなどが業務に含まれる場合は、こういった固定報酬の形態がとられることがよくあります。安定的に収入を得られるのがこの報酬体系の魅力ですが、一方で、どれだけ貢献しても、報酬の大きな伸びが期待できないので、そのバランスはよく考える必要があります。

固定報酬の場合は、企業も一定のコストが発生し続けるため、稼働内容や成果を管理したがる傾向があります。そのため、成果報酬の場合と比べると自由度は下がるかもしれません。

複合型

複合型はわかりやすくお伝えすると、固定給プラス歩合制度のことを指します。

日々の営業活動に対して、固定報酬が支払われ、成果に応じて歩合給が加算されます。上記二つの報酬体系のいいとこ取りのような報酬形態ですが、実際には、固定報酬の金額が抑えられ、成果報酬の割合が多くなっているケースが多いため、ある程度の成果を上げられることが前提となっていることが多いです。

フリーランス営業代行の案件獲得法

フリーランスの営業代行が案件を獲得するためには、どんな方法があるのでしょうか。

ここで、フリーランスの営業代行が仕事を得る方法をご紹介します。

エージェントに登録

フリーランス業界には、本人の代わりに企業へ営業や交渉を行うエージェントサービスが存在します。特に営業活動に不慣れなエンジニアの方などにとっては、案件を獲得してくる貴重な存在です。

営業のフリーランスの方の場合、エージェントに頼らずとも自分で案件を獲得できると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、新規獲得に時間や労力がかかり過ぎてしまうと肝心の本業である営業代行に注力できないということもあり得ますので、エージェントの活用も検討しましょう。

マッチングサイトへ登録

フリーランスという働き方が世の中に定着するにしたがって、フリーランスと企業、個人事業主のマッチングを手がけるサイトが増えています。

マッチングサイトの場合はエージェントサービスと異なり直接クライアント企業とつながることができ、手数料も比較的低めの傾向にありますが、その分、やり取りの手間がかかるという点もあります

まずは様々マッチングサイトに登録して案件に応募をしてみることで、案件獲得のコツを掴みましょう

SNSやブログ、WEBサイトでも発信

自分のWEBサイトやブログ、あるいはTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSをフルに活用して、自分ができること・得意分野・実績などを発信することで、新しく仕事を獲得できる可能性が広がります。

仕事に対する考え方や、取り組みの姿勢、現在の稼働の空き状況なども併せて発信するとより具体的な反響が得られるでしょう。

営業代行会社に協力パートナーとして参加

常時営業人員を募集している営業代行の会社も少なくありません。こういった営業代行の会社に参画し、パフォーマンスを評価してもらえれば、比較的安定して案件を獲得することができます。ただし、当然営業代行会社が報酬の一定割合をとってしまうため取り分は小さくなります。また、各営業代行会社の営業手法が決まっていたりするので、直接受注をするより自由度は低いと言えます。

紹介をしてもらう

新しい案件を獲得したら、自分ができる精一杯の仕事をしましょう。そこでいい仕事ができれば、他の会社や事業者を紹介して貰える可能性が高まります。 営業代行のように事前に仕事のクオリティがわからないサービスにおいては、口コミの紹介がとても重要です。口コミでの紹介を広げてもらえるよう、どんな案件も手を抜かずに結果を出せるようにしましょう。 また、さりげなく他案件も募集中である旨をクライアントに伝えてみるのも良いでしょう。

フリーランスの営業代行案件獲得サイト

ここで、フリーランスの営業代行に最適な案件獲得サイトを5つ紹介します。 実際に営業の仕事を獲得できるところだけを集めましたので、使い勝手や案件数、案件ジャンル、傾向などから、自分に合ったところを探してみることをおすすめします。

Anycrew

Anycrew

Anycrewはフリーランスや副業を探している方に向けた案件マッチングサービスです。

一般的なクラウドソーシングや仕事のマッチングサイトでは、クリエイターやエンジニア向けの案件が中心のものが多いですが、Anycrewは、営業やマーケターなど、ビジネス系の案件が中心です。

簡単なプロフィールとスキル、稼働時間を入力するだけで登録でき、参画したい案件に応募・またはあなたのプロフィールを見たクライアントからスカウトが届きます。

リモート・在宅OKの仕事や週1~の仕事、スタートアップ案件へのチャレンジなどさまざまな仕事があり、利用料は一切かかりません。

ぜひこの機会に登録し、案件獲得の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

Anycrewの詳細はこちら

運営会社エニィクルー株式会社
スタート2019年
案件・求人ジャンルマーケター、エンジニア、経理、営業、デザイナー、人事、ライターなど
案件数非公開
手数料無料
受注方法プラットフォーム、エージェント型

kakutoku

kakutoku
  • 1万人規模の営業専門マッチングサイト
  • 案件は基本的な営業活動から戦略立案、マネジメントまで
  • すべての案件は固定報酬制

kakutokuは、1万人規模の営業のプロが登録されたデータベースをもとにマッチングを行う、営業代行専門のプラットフォームです。

企業は自社の営業における課題をカクトクに掲載し、自分のスキルが活かせそうな案件があれば提案する、というマッチングスタイルです。 仕事内容は、訪問やテレアポを交えた基本的な営業活動のほかに、営業の方針を定める戦略の立案や、新入社員のマネジメントにも携わることができます。

カクトクの案件は働く時間や場所の自由さはもとより、すべてが固定報酬という特徴があります。

成果報酬だと、給料が安定せず営業スキルがないと継続して働くことも難しくなりますが、固定報酬であれば、落ち着いて長く働くことが可能です。

掲載会社数はスタートアップから大手企業まで、1,000社を超えておりさらなる拡充を目指しています。

フリーランスの営業代行の方にとっては、ぜひ確認しておきたいマッチングサイトです。

運営会社カクトク株式会社
スタート2016年
登録者数約1万人
種類マッチング型
利用料無料
手数料無料(企業側が支払う)

side bizz

side bizz
  • フリーランスの営業に特化したサイト
  • 副業から本格的な案件まで
  • メインの報酬額は1~10万円程度

side bizzとは、フリーランスの営業代行の案件探しに最適なマッチングサイトです。 営業職に特化しているため、ピンポイントに自分のスキルにあった案件が見つかる可能性も。

本格的な営業から、個人の副業として気軽にできる案件がそろっており、さまざまなニーズに応えることを目指しています。

仕事の進め方はシンプルで、相談を受けるか、こちらから掲載企業を選んでアクションを起こし、企業と業務内容の打合せを行います。

業務が完了すると、事前に決めた報酬形態で報酬を受け取って完了です。 案件を確認したところ、商品やITツールなどのサービスを販売する内容が多くみられました。

営業特化型のマッチングサイトなので、営業のフリーランサーであればこまかくチェックしておきたいところです。

運営会社ウェブエックス株式会社
スタート2017年6月1日
登録者数不明
種類マッチング型
利用料無料
手数料無料(企業側が支払う)

ランサーズ

ランサーズ
  • ビジネス系の案件が豊富
  • 競合が少ないので相談を貰いやすい
  • 営業の案件は少な目

ランサーズは、さまざまなジャンルの仕事を請け負うことができる総合型のマッチングサービスです。

人気の仕事はWEBの記事作成、ECサイトの運用、WEBデザイン、WEBエンジニアやディレクターなど、WEB関連の項目が目立ちます。

WEB関連の仕事の他に、セールスや企画、コンサルなど、ビジネス知識やスキルを活かした仕事も多数掲載されています。

プロフィールを充実させて登録すると、依頼主から直接相談を受けることもありますが、基本的には自分から提案を出して仕事に参加する流れとなります。

WEB関連の案件に比べると案件数は少ないものの、中には本格的な営業代行を探している企業もありましたので、案件の確認は逐一行っておくと良いでしょう。

運営会社ランサーズ株式会社
スタート2008年
登録者数100万人
種類プラットフォーム型
手数料報酬の5~20%

クラウドワークス

クラウドワークス
  • スポット案件から継続案件まで多岐にわたる
  • 企業からの発注が多い反面、少し供給過多
  • 営業案件は充実している

クラウドワークスはランサーズと同じく、さまざまな案件が登録されているマッチングサービスです。 仕事内容は、簡単でスポット的な仕事から本格的なスキルを必要とする仕事まで多岐にわたります。

クラウドソーシングサイトの中ではもっとも規模が大きく、クラウドワークスから副業を始めたという方も数多くいます。

登録者数が多く仕事の外注が滞りなく行えるため、多くの企業がクラウドワークスを利用している事実も。

少し供給過多の傾向が見られるため、良い案件が競合となることが多く、確かなスキルがないと最初のうちは仕事が取りにくいかもしれません。

営業の仕事で調べてみたところ、1,300件程度の案件が見つかりました。内容としては商品のバイヤーや新規開拓営業、フリーランスエンジニアの案件獲得など、営業代行としてメインメンバーとしてプロジェクトに携われる案件が多く見られました。

営業代行として本格的に活動したい方は、クラウドワークスの営業案件もこまめにチェックしてみましょう。

運営会社株式会社クラウドワークス
スタート2012年
登録者数200万人
種類プラットフォーム型
利用料無料
手数料報酬の5~20%

まとめ

フリーランスの営業代行は柔軟な働き方ができる魅力的な働き方と言えます。ただしひとことでフリーランスの営業代行といっても、業務範囲や報酬体系などは幅が広いので、ご自身の得意領域や希望する働き方にあったスタイルを見極めるようにしましょう。 案件獲得の方法も増えていますが、まずは色々なチャネルにトライしながら、ご自身に希望にあった案件が獲得てできる方法を見つけていきましょう。

Anycrewなら見つかる
フリーランス・副業案件

Anycrewは、Facebookのつながりや、Anycrew上の仕事仲間のつながりを参考に、 仕事の依頼先を選ぶフリーランス・副業マッチングサービスです。 面接や職務経歴書よりも、あなたの本当の実力が伝わりやすくなります。

詳細はこちら

LINEで未公開の副業案件を受け取る