フリーランス・副業2020.08.10

SHARE

未経験からフリーライターになるには?必要なスキルや仕事を得るまでのステップ

近年、フリーランスや副業など個人として仕事をするための機会は広がっており、その柔軟性の高い働き方に興味を持つ人が増えています。その中でも特に、志望される方が多い職種の一つはフリーランスのライターです。

この記事では、未経験からフリーライターを目指すためのスキルやステップについて紹介していきますので是非参考にしてみてください。

目次

人脈で選ぶフリーランス・副業マッチングサイト

フリーライターの仕事について

フリーライターとは、特定の企業には属さず、雑誌やWEBメディアなどの媒体での記事執筆を生業とする仕事で、執筆した記事の原稿料を報酬としています。

かつては、ものを書く仕事の敷居は高く思われていましたが、ブログやSNSなど、個人で情報発信可能なメディアの普及により、今では誰もが自分の書いた文章を世界中の人に読んでもらえるようになりました。また、クラウドソーシングサービスやフリーランスの紹介サイトが増えたことで、ライターが個人として収入を得るチャンスは増えています。

一方で、その敷居の低さゆえに、競争が激しくなっているのも事実です。フリーライターとして十分な収入を継続的に得るには、競争に打ち勝つスキルを身につけるとともに、仕事を得るためのコツを心得ておく必要があります。

以降では、未経験者がフリーライターとして十分な収入を得られるようになるために、どのようなスキルが必要なのか、どういうステップを踏むべきかを解説していきます。

フリーライターに必要なスキル

文章力

言わずもがなではありますが、ライターを名乗るからには文章力は不可欠です。他のスキルや知識が秀でていたとしても文章力無しには、ライターとして収入を得ることは難しいでしょう。

ひとえに文章力といっても様々な要素を含みますが、以下のような要素に分解することができます。

基本的な作文の力

読み手に対して伝えたいことを正しく伝え、不快感を与えないためには、基本的な作文の力が必要です。主語と述語の位置関係、句読点の用い方など、文章を書くうえで最低限のルールは把握し、正しい日本語を書くための力を身につけるようにしましょう。

語彙力

単調な言い回しや単語の羅列では読み手にとって退屈であり、伝えたいことが伝えられない可能性があります。より説得力があり、読み手の興味を惹くことができる文章を書くために語彙が多いにこしたことはないでしょう。日頃から活字に触れ、様々な言い回しや言葉遣いに触れることで、執筆に活かすことができます。

表現技法

表現技法を工夫することで、文章に強弱が生まれ、より伝えたいことが伝わりやすくなります。たとえば、語順を入れ替える倒置法や体言止め、ものごとを別のものに例える比喩表現などがあります。これも、語彙力と同様に、日頃から活字に多く触れることが、表現技法の幅を広げることにつながります。

専門領域の知識

文章力と同様に重要なのが、執筆するテーマに対しての専門的な知識です。

前述した「基本的な作文の力」と矛盾しますが、文章が拙かったとしても、そのテーマに対する深い知識や考え方を備えていれば、読み手に価値のある情報を提供することが可能です。

将来的に自身がどのような領域を専門としたいのかを定め、専門知識や得意領域を磨いていきましょう。書籍やWEBサイトで知識を得ることも重要ですが、それに加えて、体験からしか得られない一次情報持ち合わせていれば、他人が簡単に真似できない強みになります。ユニークな知識や経験を積むことで、唯一無二なライターを目指しましょう。

WEBライティング・SEOスキル

WEBメディアが普及した今日では、フリーのライターを目指す方にとって、WEB媒体での記事執筆は決して避けては通れません。

WEB媒体での執筆を行う際には、WEB上で読みやすい文章、WEB検索で上位表示させる構成、SNSで拡散されやすい手法などを理解している方は重宝されます。

幸いにも、WEBライティングやSEOの知識は、書籍やWEB上に多く公開されています。まず書籍やWEBで基本的知識を学んだら、実際に自身のブログやホームページを更新し知識の定着とともにWEBライティング・SEOスキルを磨くのもよいでしょう。

仕事を得る方法

まずは文章をとにかく書いてみる

・文章力をつける
・専門領域の知識を身に付ける
・WEBライティング・SEOスキル

上記のようなスキルを高めるためには、何と言っても実際に文章を書くことが重要です。まずはブログやSNSでの発信、日記などでとにかく文章を書き始めてみましょう。

その際、ただひたすら書くのではなく、これまでに説明したようなスキルを意識して書くことが大事です。また、練習で書いている文章も、ブログなどで公開すればクライアントの目に留まり依頼を受けられる可能性もあります。自身が書いた文章が人に読まれているということも意識しましょう。

最初はスラスラと文章が書けず手が止まってしまうこともあるでしょう。それでも、とにかく書き続けることで、自分の文章の癖や、どういう時に躓きやすいかと言った傾向も見えてきます。

また、文章がなかなか書けないという方には他人が書いた文章を読むことをオススメします。他人の文章を読むことで語彙や表現力が広がり、文章を書きやすくなります。

クラウドソーシングサービスなどで案件に応募してみる

自分の書いた文章が報酬に値するのか、腕試しをする意味でもクラウドソーシングサービスなどで、積極的に案件に応募をしてみましょう。

まずは、実績を作ることやクライアントからのフィードバックを受けることが重要ですので、単価などの条件を気にしすぎず、多くの案件に応募してみましょう。

実績をアピールして、より多くの仕事を取りに行く

クラウドソーシングなどで、記事の執筆を続けていく中で、自身の作品、ポートフォリオが蓄積されていきます。これをクラウドソーシングサービスやブログのプロフィールページに掲載していくと良いでしょう。クライアントからすると、過去の作品が見えるライターは、そうでないライターよりもずっと安心して仕事を頼むことができるためです。

また、記事に執筆者として名前が掲載されると、それを目にした人から指名で仕事がもらえることもあるでしょう。しっかりとした仕事をすることが、次の仕事につながるということを意識して、すべての記事に全力で取り組むようにしましょう。

未経験からフリーライターになるポイント

フリーライターは特別な資格やスキルを有せずとも始められる仕事ではありますが、それゆえに競争が激しい仕事でもあります。今回紹介したような最低限のスキルや知識を備えるとともに、積極的に文章を書く経験を積んでいくことで、希少価値の高いライターを目指しましょう。

人脈で選ぶフリーランス・副業マッチングサービス

Anycrewは、Facebookのつながりや、Anycrew上の仕事仲間のつながりを参考に、仕事の依頼先を選ぶフリーランス・副業マッチングサービスです。 面接や職務経歴書よりも、あなたの本当の実力が伝わりやすくなります。

詳細はこちら

Anycrew Blog 編集部(エニィクルー)

Anycrew Blog 編集部(エニィクルー)

フリーランス・複業・副業など個人で働く方と企業のマッチングプラットフォームAnycrewを開発するエニィクルー株式会社のメンバーです。

Anycrew Blog 編集部(エニィクルー)のその他の記事

SHARE

Anycrewなら見つかる
フリーランス・副業案件

Anycrewは、Facebookのつながりや、Anycrew上の仕事仲間のつながりを参考に、 仕事の依頼先を選ぶフリーランス・副業マッチングサービスです。 面接や職務経歴書よりも、あなたの本当の実力が伝わりやすくなります。

詳細はこちら

フリーランス・副業案件ならAnycrew